自分の年齢を受け止められない

女性にとって、若さは何よりも勝る武器となります。若い女性というだけで、困難な問題もクリアできていたことも多いでしょう。しかし、若さは永遠ではありません。日に日に衰えていく自分を受け入れられない女性も多いです。自分が老いることへの恐怖もさることながら、現代日本の若さを尊重する風潮に耐えられないのでしょう。自分の年齢を受け止めるようになると、気持ちが楽になります。少しずつでも、若さ以外の部分に価値を見出すことです。

 

女性は若くなければいけないという風潮

ひと昔前に比べると、30代や40代になっても若い見た目を保っている女性はとても多くなりました。化粧品や美容技術の発達、女性たちの人生の選択の自由が広がったことなど、さまざまな理由によって輝く女性が増えています。一見、若さだけに価値観が無くなったと思いきや、実際には若くないと舞台に立つこともできないという現状も残っています。

 

男性からすると、女性の若さは大きな魅力であることは間違いありません。確かに、肌の色つやや張りは若いことの象徴であり特権です。みずみずしいイメージも、子どもを作りやすい体にかんしても生物学的に惹かれるのも当然です。しかし、若い女性を持ち上げる一方で若さを失いつつある女性のことを蔑んだり、無視したりしがちなのも事実です。

 

職場でも、仕事の成果よりも若くて素直なことが重視されることもあります。女性は毎日の中で、若さこそが命であることをずっと教えられてきたようなものです。若くありたい、若くなければならないと思いこんでしまうのも当然と言えるでしょう。女性はいつでも、若さの呪縛に取りつかれているのです。

 

日に日に老いていくことに耐えられない

しかし、年月は誰にでも等しく訪れます。いつのまにかシワやシミが浮き出ていたり、肌にたるみが出てきたりするのは仕方がありません。どんなに美容技術が進歩しても、細胞の老化自体をすべて止めることはできないからです。男性ならば、体力が衰えるためにセックスのときにバイアグラを使用するようになる人もいます。

 

誰し日に日に老いていくのは自然なことだと受け止めなくてはいけません。若いことが素晴らしく魅力的であることは事実ですが、若さは遠のいていくばかりであり、追いすがることはできないのです。現実をきちんと直視して、自分の老いを受け入れるようにしましょう。

 

冷静に考えると、周りだって年を取って行くのですから相対的に考えれば悲観することもありません。若いことに極端にこだわり過ぎる姿は、滑稽なものです。まずは、現実をしっかりみてありのままの自分を受け入れてください。

 

若さ以外の部分に価値を見出そう

自分には若さ以外にどんな魅力があるのか、しっかり考えてみましょう。容姿以外にも、必ず自分だけの取り柄があるはずです。仕事ができたり、家事が得意だったり、好きなものに熱中できていたり、ほかの人からすれば、とても魅力的な点がたくさんあります。

 

自分の好きなところを書き出してみると、意外と多くあることに気が付きます。そして、自信を持てるようになるものです。失ったものをいつまでも追っていては現在の魅力も半減してしまいます。皆さん独自の魅力に気づいて、生かす方向に考えましょう。前向きな考えをしている女性は、とても魅力的ですよ。

 

まとめ

若い女性は、存在するだけで輝くような魅力を放っています。若さが素晴らしい魅力であることは事実ですが、女性の魅力は若さだけではありません。若さは永遠ではなく、いつか衰えます。いつまでも若さにこだわっていると、自分の年齢を受け入れられなくなって苦しむばかりです。周囲を気にし過ぎると、押し潰されてしまうでしょう。自分の価値は若さを失ってもそのままであることを認識してください。自分だけの魅力に気づいたときには、年齢を重ねることに怖くなくなりますよ。