30歳を過ぎて未だに処女・童貞

最近は晩婚化どころか結婚しない男性も女性も増えています。それは女性が社会進出して独り立ちできるようになったことも関係しているかもしれませんが、中にはお付き合いをしたことがないまま年をとってしまったという方も少なくありません。また、昔の若者は頻繁に異性とのお付き合いをしたものですが、最近の若い方は同性とつるんでいたほうが楽しい、といって特にお付き合いを望まない方もいるようです。

結婚とは無縁、お付き合いも特にしないまま20代を過ごしていると、いつからかこんな悩みが出てきます。それが『30歳も間近(もしくは過ぎて)なのに未だに処女(童貞)』という悩みです。気がつくと周りのみんなは結婚もしくは経験済なのに自分だけ未経験。エッチの話題になった時も経験がないので話に乗れない、だからといって未経験だと明かすのも恥ずかしい、ということも出てきます。そして「もしかしたら一生処女(童貞)なのでは?」という不安すら覚えます。

処女(童貞)だと恋に積極的になれない

30歳過ぎて処女・独身という方は少なからずいるものです。もしそれがかたくなに『結婚するまではエッチはしない』という強い気持ちをもって望んで未経験なら特に問題ありません(エッチができないことで離れる人もいますが)。ですが、問題なのはエッチはしたいけど恋人もいないのでなかなか経験できない方です。

20歳前後で未経験であればまだいいですが、これが30歳を過ぎてしまうと周囲からは驚かれてしまうとともに場合によってはドン引きされてしまうこともあります。そういう思いは処女(童貞)の本人が一番感じているのではないでしょうか。恋人ができたとしても処女(童貞)がばれてしまったらどうしよう、処女(童貞)を知られたら離れていくのでは?と思う人もいます。そう思うとなかなか恋に積極的になれなくなります。エッチはしたいものの、未経験がばれるのが嫌でそれ以上踏み込めなくなってしまうのです。

無理をして経験するのはやめましょう

確かに、30歳を超えた異性とエッチをする場合、相手からすれば処女や童貞だとは思わないものです。おそらく処女や童貞だとわかれば、相手はちょっと驚くでしょうし、プレッシャーに感じてしまうかもしれません。ただ、実際は処女や童貞かどうかはあまり関係ありません。というか、自分から言わなければ未経験ということはほぼわからないでしょう。また、正直に自分から「実は初めてなんです」と言っても逆に喜ぶ方もいるかも知れません。というか、逆に好きになった相手がこれまで数十人の異性とエッチしてきた、なんて聞いた方がちょっと嫌な気持ちになるものです。エッチしまくってきた方よりは処女や童貞のほうがいいでしょう。

もし、30歳で処女(童貞)なのは恥ずかしいから、好きでもないけど経験しておこう、男性ならば風俗で経験しようかと思う方もいるかも知れません。誰でも初めての相手は記憶に鮮明に残るものです。その思い出が好きではない人だったら、きっと後悔することでしょう。誰でも初めての時はあるものです。それがたまたま30歳になってしまっただけで、長い人生ではたいしたことではありません。コンプレックスになることなく、逆に自信をもって生活しましょう。